そば処ほおずき
  Admin:

2年8ヶ月

「そば処ほおずき」は平成16年1月9日にオープンしました。 看板やおぼん、おしながき立てや箸入れなどもこつこつと手作りしました。 あれから2年8ヶ月まだまだどれも健在です。あと10年・・・20年もつかな。 しかし、20年経ったら、70才過ぎてます。そば打ちはちっとハードですね。 どれも形はスマートではありませんが、愛着があります。 壊れたら自分で修理できるのがいいところです。

明日も営業いたします

お盆も終わりました。阿蘇では人が亡くなって最初のお盆には、「初盆参り」といってそのお宅を訪問して、霊を敬います。昔は煮ものやいろいろごちそうをして、お参りくださる方をおもてなししましたが、近年は簡素化されています。 初盆の接待やお盆で、あるいは、お盆もお仕事でお疲れになったみなさま、南阿蘇のおいしい空気や水でリフレッシュしてください。 明日16日は水曜日ですが、通常どおり営業いたします。どうぞそばを食べて元気を取り戻してください!!お待ちしております。

お天気良すぎます

連日の猛暑。とうとう地割れがし始めました。でもたくましくコスモスが育っています。たまには雨が降って欲しいなあ。 オトギリソウです。弟切草と書くそうです。なんだか物騒な名前です。 阿蘇の草原に咲くユウスゲです。これは風情がありますね。 白い花はアソノコギリソウです。一面に咲いています。

8月の営業について

8月は9日(水)、16日(水)は休まず営業いたします。もちろんお盆も営業しております。どうぞご来店くださいませ。お待ちしております。

ほおずきの敷地に咲いている花その3

かわいいベルのような花、ヘクソカズラです。姿はいいのに名前がちょっと・・・。名前の由来はくさ〜い臭いにあるようです。しかし、ドクダミよりいい臭いだと思うのですが、我が家のばあちゃんはヘクソカズラの方が臭いと言っています。ちなみにドクダミは阿蘇ではイヌノヘといいます。(笑) ホタルブクロです。6月にホタルが舞う頃満開でした。一度花が終わってからまた、つぼみが出来ました。去年も感動したのですが、8月にはもう一度花を見せてくれます。がんばれホタルブクロ!! シモツケです。ピンクの花が花火のように咲いています。アップで撮ったので大きな花に見えますが、小さくて可憐な花です。これはなかなか上手に撮れたと思います。自画自賛してしまいました。

単品生あげはじめました

ご要望の多かった、生あげの単品での提供をはじめました。

これまで生あげは単品でお出ししたくても需要予測がたてにくく泣く泣くお断りしていたのですが、この度当店で自製することにしたため単品での提供が可能となりました。

そばを待つ間のビールのおつまみにいかがでしょうか。一つ210円です。

豆腐が変わりました

ご好評を頂いていた白川名水豆腐店さんの豆腐ですが、この度ご主人の都合により閉店されることになり、新たにご近所の豆腐工房白水さんの豆腐をお出しすることにしました。

こちらも同じく白水の水で作られたおいしい手作り豆腐です。これまで同様ご賞味下さい。すべてのそばに付いております。

ほおずきの敷地に咲いている花その2

ほおずきの敷地内は一見草ぼうぼうですが、よ〜く見るといろんな花が 咲いていますよ。 なかなか草刈りができないのにはそういう訳があるのです。決して無精をしている訳ではありません。(笑) これもちょっとピンぼけですね。 ヤマホトトギスです。これはすぐに花が終わってしまいます。 あまりにも花が短すぎて、テーブルにも飾れません。 カワラナデシコです。ピンクの色合いがきれいで可愛いですね。 風にもてあそばれて、ちょっとお疲れのようです。木に寄りかかっています。 これは秋に色づくミズヒキソウです。梅雨明けもまだなのに、もうせっかちに赤く色づいています。

花の写真三点

毎日、毎日 天によく雨がこんなにあるもんだと思いますね。 外からは、今夜も土砂降りの雨音が聞こえてきます。 さて、やっと写真をアップできました。 開店前に撮りましたので、慌ただしくてピンぼけもあります。 だんだん上手になりますので、今回はガマンして見てやってください。 虫喰いだらけですが、色づいてきたほおずきです。 ほおずきは美味しいんでしょうか。よく虫がつきます。 ねじばなです。ごめんなさい。ピンぼけでした。 キツリフネソウです。玄関前の水辺に咲いています。 緑と黄色のコントラストがきれいですね。 去年植えたホウセンカの種がいっぱい落ちてたくさん芽が出ています。 来週くらいにはボチボチ花が咲くかなと楽しみにしていますが、 チョット栄養失調みたいで、ひょろひょろして頼りない立ち姿です。 よその庭先では花を付けているのを見ましたので、固まりすぎているのかもしれませんね。

ヤブムラサキ

去年の秋、駐車場の下に紫色の玉を付けた木があるのに気づきました。 可愛い実だなあと思いましたが、今年の6月〜7月の始め、 その木にピンクの小さな花がさいているのを発見しました。 なんだかいい香りもします。なんだろう、何という名前の木だろう。と ず〜っと気になっていたのですが、誰に聞いてもわかりません。 謎は深まるばかりです。 ある日、私の尊敬するこだわりの「ものつくり職人さん」にお尋ねして、 謎が解けました。 その名は「ヤブムラサキ」。   「ムラサキシキブ」や「コムラサキ」の 仲間だそうです。いつからそこにいたのか不明ですが、きっと小鳥がどこからか、 実をくわえてきて、成長したのでしょうね。 もう、花がおわりましたので、秋に紫色の実が付いたら写真をとって、 みなさまにご紹介いたしましょう。

Recent Entries

Tags